ブランクのある薬剤師さんが転職する際のポイント

薬剤師として転職を考えた場合の選択肢

: ドラッグストア(OTC)薬剤師の仕事の特徴

薬剤師はいつでもどこでも就職できる有利な国家資格です | 薬剤師の転職ポイント2つめは人間関係 | 3つめのポイントは薬局内の教育体制・指導担当制度があるかどうか | 薬剤師として転職を考えた場合の選択肢

一般の方が薬剤師の職場としてイメージするものはやはり病院なのではないかと思いますが、実際にこの職業は様々な場所で働くことができる資格です。身近なところではドラッグストアなどが非常に好調であるため、仕事を選ばないのであればドラッグストアへの就職が非常に楽だったというのが個人的な印象です。 私は病院での勤務をしていたのですが、家庭の事情から継続することが困難になり転職活動しました。製薬会社など一般企業も考えたのですが、様々な事情からドラッグストアの調剤薬局が最も条件が良かったというのが結論でした。何よりも働きやすいというのが非常に大きいです。就職先としての選択肢も極めて豊富ですし、最近ではドラッグストアはコンビニと同じように便利さを追求している方向にシフトしています。かつてのように薬剤師がいなければドラッグストアを営業することができないと言う時代は終わっていますが、それでも薬剤師がいることで販売できる商品の種類が広がるなど大きなメリットがあるようです。 専門家としてのキャリアを考えた場合にはあまりプラスになるものでは無いのですが、働きやすさと待遇と言うことをトータルに考えた場合決して悪い就職先ではありません。私はこのような働きやすさが魅力でドラッグストアに転職しました。